スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遅くなりましたが、新年あけましておめでとうございます。

昨年はいろいろとお世話になりました。
今年もお世話になる気満々ですw

このブログは一応、書評系のブログになるんですが
関係ない記事を書いたり、記事自体を長らく投稿していなかったり・・・


まぁ。迷走していますね。


・・・

・・・


今年はもう少し書評に力を入れてブログの更新頻度を高めていこうと
思っています・・・


というわけで、近日中にbk1に書評アップするぞー!!



それでは改めまして



今年もよろしくお願いします!!
スポンサーサイト

スイカソーダ飲んでみた。

こん○○は。

今日、仕事が休みで買い物など雑用をこなしていたのですが
買い物に行った先のドラッグストアでこんなものを発見しました。

b0172347_6182176.jpg


もちろん無果汁ですよ。


店のポップによると23年ぶりの復刻だとか。


スイカ味って多くの場合、地雷だったりするんだけど

これは・・・・・。


まぁ、飲んでみてください。

俺は個人的に好きです。

moonse e7001 文鎮化

こん○○は
今年に入ってからめっきり物欲に勝てない自分ですが
そんな自分は今年度下半期の突入と共にタブレットPC
にはまってしまいました。

そんなこんなで・・・

激安中華パッド(中国製のipad偽物)を3枚購入したのですが
その内の一枚が文鎮化しました。



cfwをいれようと思い
usbでパソコンと接続した際に
「バチバチ」っと音がしました。

嫌な予感がしましたが
見事に予感は的中。

数秒後にシャットダウンして
以後、電源が入りません。

思えばこのmoonse e7001
購入して直後に電源が入らないという
トラブルに見舞われ初期不良交換から
始まり交換後わずか一ヶ月での永眠でした。

さすが中華クオリティーw

自分も含め友人らも、この中華パッドを
数枚購入していますが今だ無事に使えている
物の方が少ないような気がします。

まぁタブレットpcが自分の生活に合うかどうかの
判断&いじくりまわして遊ぶ楽しさを味わえたので
良しとしますが、ガチで実用性を重視するならipadや
今後発売されるであろうEeePad等のしっかりしているで
あろうものを購入したほうが無難でしょう(当たり前か)

ちなみに3枚買った内、Eken M001は
なんとか現役稼動中です。



moonse e7001 ペンギン画面から進めないトラブル

moonse e7001を買いました。
いわゆる「激安中華製タブレットPC」で
某林檎のアレのパクリ品です。
437250_04.jpg


まぁ、これなんですが

買って早々にトラブルに見舞われました。


どのようなトラブルかというと・・・。

電源ボタンをONにして画面前面のボタンを長押しで
起動というのがmoonse e7001の起動方法なんですが


画面前面のボタンを押している間だけは起動するものの
ボタンから手を離すと電源が落ちるというものです。

この画面から進めません。
dc172392.png
(写真を撮るのが面倒なので拾い物の写真です)

当初、2chなどの情報では
・起動を繰り返す
・CFWを入れてみる
で、症状が治ったとの事ですが
自分は直りませんでした。

で、さらに色々と調べたら
どうやら以下の方法で、ボタンから手を離してしまうと
電源が落ちるバグが落ち着くようですね。

※電源ボタンを押している間だけペンギンが表示される症状

1.サイドの電源ボタンをoffにする
2.正面の電源ボタンを押しっぱなしにして、サイドの電源スイッチを on。
3.ペンギンが出たら電源ボタンを離す。

ちなみに自分はこれで症状が落ち着いています。
完全に直った訳ではなく“緩和”したという程度ですが・・・。
まずまず使用に耐えるようにはなりました。

情報をくれた人、ありがとうでした。


ちなみに自分はこのmoonse e7001を2枚購入し
一枚はほとんど電源が入らない状態で初期不良として返品。
もう一枚は上記トラブルで購入後一週間近く使用不可でした。

ネット上では評判の良いmoonse e7001。
ですが、たまたまかもしれませんが不具合も多いみたいですね。
ちなみに友人のmoonseも電源トラブルにて3日で死亡したようです。



【チラ裏】ipadの偽物を購入 EKEN M001

こん○○は。

つい最近、ipadの偽物を買いました。

その名もiped(笑)

並べたらipadとipedの差がわかりません。

ためしに外で使ったり、職場でいじってみましたが
「ipad買ったんですね~」等とは言われても
「それipedじゃね?www」みたいなツッコミはありませんでした。

もちろん中国製です。

「中華タブレット」と呼ばれているようですね。

動きはもっさりしていますが、ファームウェアを入れることで
若干の改善はしたようです。

色々と突っ込みどころは満載なんですが

「そういうものだ」

と割り切っていじって遊ぶのには最高です。

ちなみに値段は9800円でした。

ipadの5分の1程度の値段ですね。

もちろん、安いだけではなくて
・液晶が水平じゃない
・バッテリーがクソ
・異常に加熱する
・もっさり
etc,etc
と随所にわたって中華クオリティは散見されます。


ちなみにOSはアンドロイドです。


というわけで、この偽ipadをメリットとデメリットで分類すると

<メリット>
・安い
・気軽にアンドロイド入門可能
・ブックリーダーとしては特に不便もない
・本格的にタブレットPCを持つかどうかの判断材料になる。
・SDが使える

<デメリット>
・ipedである(要するにパチモンである)
・動きはもっさり
・対応しない動画がある
・中国製であり、スペックに偽りあり


今思いつく限りではこんな感じでしょうか?

まぁ、価格を考えたらipadとipedを比較するのは
ちょっと酷だなとは思いますが・・・。

個人的には楽しんで弄り回しております。


参考動画



NO.214
twitter つぶやき
inbook 本棚
カーソルでなでてみて♪
yonda4
bk1
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。