スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

未来を拓く君たちへ 田坂 広志 著  

本日、ご紹介するのはコチラ

 

「未来を拓く君たちへ なぜ我々は志を抱いて生きるのか」 田坂 広志 著 

久々にノウハウ本じゃないけど自己啓発系の本を読みたいと思ったんです。さらに言うなら、字数の少ない本が良いなと思って色々と探していたら見つけました。

要するにサクッと自己啓発したかったんですねw


よくよく考えてみなくても、そんなに都合よくいかないよなぁ。なんて今更思います。

しかし、当初の不純な思惑とは裏腹に内容は深く重く、そして含蓄のある言葉が並んでおりました。

以下が目次

序話 未来を拓く君たちへ

 第1話 「悔いの無い人生」を生きるために
第2話 「満たされた人生」を生きるために
第3話 「香りある人生」を生きるために
第4話 「大いなる人生」を生きるために
 第5話 「成長し続ける人生」を生きるために
 終話 なぜ、我々は「志」を抱いて生きるのか



書かれている内容は改めて見直すと”至極もっとも”な事が書いてあるんです。

一例を挙げると

Qなぜ我々は志を持って生きるか
A悔いの無い人生を送るため

と本文の内容をQ&Aで書き直すと、ホントーに身も蓋もないんですが、田坂先生の美文とその印象的な言い回しの数々、そして語りの妙が

当たり前過ぎる事柄。しかしそれが故にスルーされている事柄に再度目を向けさせてくれる。

そんなチカラがあります。正直、すごいなと鳥肌ものでした。

この本はなるべく多くの人に読んでもらいたいな。そう思います。

そして今回は毎度お馴染みの内容の抜きだしをしません。

実をいうと初めは抜き出すつもりで準備もしていたんですが、実際に抜き出して書き出すと、どうしても本を読んだときのようなインパクトの強さが無いんです。

というわけで次回もよろしくお願いします。



スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

NO.214
twitter つぶやき
inbook 本棚
カーソルでなでてみて♪
yonda4
bk1
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。