スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

できるビジネスマンのための「本当に使える」勉強法

本日紹介するのはこちら。


結論から申し上げますと、かなりラディカルな内容です。著者はかなりの毒舌。ドS。

目次Amazonより。
プロローグ 本当のところ、どの勉強法がいちばんいいの?
第一章 ベストセラー勉強本の「ここはイイ!」「ここはザンネン!」
1「脳」をテーマにした勉強本
 2東大・京大・弁護士などが売りの勉強本
 3著者の経験から導き出された勉強本
 4突込みどころ満載の勉強本
 5業界のカリスマの勉強本
6予備校講師の勉強本
7元金融担当大臣の勉強本

 第二章 本当に使える「読書術」はこれだ!
1まずは「時間泥棒」対策を!
2「何を読むべきか?」の本当の答え
 3「速読法」は結局どれがベストなのか?
 4読んだ本の内容を、いかに頭の中に残すか

 第三章 「集中力」を高める方法はこれがベスト!
1集中力を高め、それを持続させるための方法!
 2脳の快感とイメージの力で、集中力をさらに高める! 3それでも集中力が途切れてきたときは
4「集中力アップ法」のウソとホント

第四章 「記憶力」を高める方法はこれがベスト!
1短期記憶を長期記憶に変える!
2カタチを変えて脳に入れる!
3記憶の鎖を強化する方法!

第五章 「試験合格」に的を絞った勉強法はこれがベスト!
1「勉強以前」の下準備がじつは肝心!
 2「何を、いつ、どこで、どう勉強すればいいのか?」の答え!
3いよいよ試験本番に向けて!


有名な勉強本がバッサバサ切り捨てられていますね。

好き嫌いがハッキリと分かれる本だと思います。

基本的なスタイルは勉強本の書評です。

約500冊を読んだ上で「正しい勉強法」を教えてくれるとの事。

結果としてこの本が提示してくれている勉強法は

かなりスタンダードというか、真っ当な感じ。

例えば超能力なんじゃないの?と思うような速読や記憶法なんかはボロクソに酷評されてました。
キレイに書くことが信条のノート術とか手帳でお金持ちになる系だとか、ワークライフバランスや効率化が必要だと言う人、テコの原理が好きな著者なんかもボロクソでした。
「~しなさい」系もダメでしたねw

どれもこれも一読した記憶があるので

個人的には正直なんとも言えない気分。


まぁ。ビジネス書が好きな人でしたら、どの著者の、どの著作か検討がつきそうではありますがw

そういった勉強法や本に対して

「まったく使えない」
とバッサリ。

かなり反感をかいそうな文章表現でありながら、一方で提示してくる勉強法は堅実ではあります。


では毒舌極まるこの著者(編著ですが)がべた褒めしていた勉強本やビジネス書はどんなのがあるのか?といいますと。

一生モノの勉強法—京大理系人気教授の戦略とノウハウ
いつも目標達成している人の勉強術 (アスカビジネス)
ユダヤ人に学ぶ速学術


他にもたくさんあるんですが参考までに。


これはmarekuroの勝手な意見ですが本書は
・それなりに勉強本(ビジネス書)を読んでいる。
・それなりに勉強方法のノウハウを持っている
・著者の意見に対してツッコミを入れながら読む余裕がある
・著者や出版社が訴えられないか心配しながら読める

上記に当てはまる人には楽しめる内容だと思います。


いまさらですが、marekuroがものすごく衝撃を受けた記述を抜き出します。


・勉強本を読んでいるだけで勉強時間がなくなってしまう。


ええ。その通りです・・・・・

でも、勉強本って楽しいですよね。読んでいるだけで勉強したような気になるしなんだかカタルシスが得れるじゃないですか?なんというか読後スッキリワクワクみたいな。

そんなこんなで、ついつい読んじゃうんですよ。勉強本。

ですが、この本は読後スッキリワクワクはしません。何のカタルシスも得られなかった代わりに多分、しばらくは自分の本棚に残るのではないかと思います。
それでは次回もよろしくお願いします。


スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

NO.214
twitter つぶやき
inbook 本棚
カーソルでなでてみて♪
yonda4
bk1
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。