スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

inbookへの投稿について

inbookというサービスがあります。
詳細はinbookのサイトにある説明を参照していただきたいのですが、実は昨年末からmarekuro名義でせっせと投稿を重ねています。

このinbookというサービス。自分的には二つの利点があります。
それは
1)ネット上に本棚を作るサービスが使える
2)自分の引用はもちろんのこと、他のユーザーの引用でレバレッジメモ的なものを作れる。

1に関しては、同様のサービスがありますが、引用に関しては同じようなサービスが他に見当たりません。

特筆すべきは2の自分や他ユーザーの投稿でレバレッジメモ的な物を作れるということでしょう。
書評ブログにはビジネス書のポイントをまとめていたりもしますが、いちいち複数の書評ブログをのぞいて
レバレッジメモ的なものを作るためにコピペを繰り返すのも時間のロスです。
その点、inbookは優れていて、自分の投稿した引用と、他者の投稿した引用を自分で管理できるのです。
※他者の引用をまとめて見るためには拍手ボタンを押す必要があります。

というわけで、画面をプリントするだけで、他ユーザーがまとめた書籍のポイントを簡単にレバレッジメモに出来ます。
自分の投稿も同様に、プリントするだけで簡単にレバレッジメモに出来ます。
※もちろん自分の投稿に関しては、自分で打ち込む事が前提となりますが。

ちょっとマナー違反な気もしますが、「買うまでもないけど、内容が気になる」ビジネス書等は
誰かがinbookで投稿した引用で充分だったりするのかなと思います。

実際ビジネス書って読み通すことに意味があるわけではなく、使える記述部分を仕入れて使い倒すのが
本来の使い方だと思いますので。

そこで実験として、ある特定のユーザーさんが投稿している引用をメモして繰り返し読んだ後に
その引用元となっている本を買って読んでみました。※5冊で実施しました。いずれもビジネス書です。

結論としては、読むまでも無く引用だけで充分でした。
もちろん、引用する人のセンスや本の内容、各人のニーズの違いなどによって条件は複雑に変わってくるでしょうけど。

少なくとも、買う予定も読む予定もなかったビジネス書の引用を見つけて、それが使える内容だったら
儲けものだなという感じです。

このサービスもう少し色々と試行錯誤して、より良い使い方がないか考えてみます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

NO.214
twitter つぶやき
inbook 本棚
カーソルでなでてみて♪
yonda4
bk1
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。