スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【bk1アーカイブ】路上の芸術【書評】

 今回の選書はキワモノ系です。
そのタイトルこそ「路上の芸術」!!と称してはいますが
内容は主に下水のマンホールについて語った本でもあります。

路上の芸術―マンホールの考察、およびその蓋の鑑賞路上の芸術―マンホールの考察、およびその蓋の鑑賞
(2005/04/01)
垣下 嘉徳

商品詳細を見る









いったい誰が買うんだ??という感じのタイトルで少々ニッチ過ぎる気もしないではないですがw
その昔々にタモリ倶楽部でタモリ氏とみうらじゅん氏が大絶賛していたので買ってしまいました。

結論から言うと大変面白いです。

本書は残念な事に入手が難しい状況になっているのですが
復刊を希望したい一冊です。

また、本書に関してはBK1に書評を投稿してもいます。
あわせてごらんいただければ幸いです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

NO.214
twitter つぶやき
inbook 本棚
カーソルでなでてみて♪
yonda4
bk1
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。