スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【読書+日記】札幌 東区 パイン館の珈琲が美味しい。

こん○○は。

今日は仕事の帰りに寄り道して
札幌市は東区のパイン館という喫茶店に行ってきました。

ここ、とっても美味しくて安くてメニューが豊富です。
アレンジ珈琲等々を含めると50種類以上のメニューが楽しめます。
ちなみに、店内で焙煎しています。
で、サイフォンを使って抽出している珈琲は
とっても美味しいです。
サイフォンで抽出しているからなのか
ダブルローストとはいえ、癖がなくスッキリした味の
珈琲が多いです。

私のおすすめは
・キューバ
・ロシアンコーヒー
・パインブレンド
でしょうか。


んで、キューバという銘柄を飲みながら読んでた本が

統計学を拓いた異才たち(日経ビジネス人文庫)統計学を拓いた異才たち(日経ビジネス人文庫)
(2010/04/02)
デイヴィッド・サルツブルグ

商品詳細を見る


うん。珈琲に関係ありませんね。

コンプレックスなのかなんなのかわかりませんが
どうしても統計とか数学的~みたいなタイトルの本って
手にとってしまいます。

結局、本を読むのもそこそこに
マスターと珈琲豆について雑談して帰路につきました。



【チラ裏】 ほんやの いぬくん   【絵本】

辻様からの献本。ありがとうございました。
妻と自分と子供で楽しませていただいています。


ほんやのいぬくんほんやのいぬくん
(2010/02/27)
ルイーズ・イェーツ

商品詳細を見る



いつもは猫の絵本ばっかりの我が家ですが
久々に猫以外の絵本を読ませていただきました。

この絵本。良いです。
絵本好き、いや全ての本好きの心の琴線に触れる一冊です。

ストーリーは
******************************************************************
本が大好きないぬくんが、好きが高じて本屋を開くのですが・・・
客は来ないし、やっと来た客は本屋でミルクティーを注文して(笑)
怒って帰っていくし・・・。
本好きないぬくんは、客の来ない店で再び本の世界に浸ります。
そうこうしている内に他のお客さんが来て・・・。
******************************************************************
というもので結果的にはハッピーエンドなんですが
本といぬくんの関わり方は、本好きな自分にも身に覚えのある
ものですし、多くの読書家の方々にとっても身に覚えのあることだと
思います。
それは、要するに現実が辛くて辛くて・・・。という時に本の世界に
癒されに行くということですが。

ラストも印象的です。読書の理想の姿が描かれているといっても
過言ではないでしょう。

個人的な話で申し訳ありませんが、最近身のまわりというか職場で
電子書籍VS紙媒体(従来の書籍)
という議論がありました。

そんなものは時間の経過が証明してくれると思いますし
個人的には白黒つけれるものではないと思っております。
その議論自体が、その昔にあったワープロか?手書きか?
と同じ構図のような気がしてちょっと興ざめしたのですが

本書を読むことで

電子書籍か?従来の紙の書籍か?

と言った事柄は、あくまで手段であると
気づかされます。

まぁ、個人的には手段を議論するのも好きなんですが
読書に限っては、まず目的ありきですよねぇ。等と思った次第です。





【bk1書評アーカイブ】2010.7.16 今週のおすすめ書評に選ばれました。


コーヒーブレイクに見つけた48のシンプル成功哲学 (D’s caf〓 books)コーヒーブレイクに見つけた48のシンプル成功哲学 (D’s caf〓 books)
(2005/06/17)
テレサ・チャン

商品詳細を見る


bk1書評ポータルにて
今週のおすすめ書評に選ばれました。

久々に投稿したものが選ばれてちょっとうれしいです。
だいぶ下駄を履かせてもらった感もあったりしますが・・・w

まずは喜ぶことにします。

コーヒーブレイクに見つけた48のシンプル成功哲学 D’s café books


bk1の書評ポータルもあわせてごらんいただければと
思います。

さ。次は献本してもらった本の書評を書かないとなぁ~。

源氏物語の音読サイト 「ふみまよう」 がすごい件 

こん○○は。


今日はコレです。

新源氏物語 (上) (新潮文庫)新源氏物語 (上) (新潮文庫)
(1984/05)
田辺 聖子

商品詳細を見る


新源氏物語 (中) (新潮文庫)新源氏物語 (中) (新潮文庫)
(1984/05)
田辺 聖子

商品詳細を見る


新源氏物語 (下) (新潮文庫)新源氏物語 (下) (新潮文庫)
(1984/05)
田辺 聖子

商品詳細を見る



と、書影を挙げてはいますが
本題はこちらなんです。

サイト名は「ふみまよう」

なんと昭和一桁生まれの女性
ライフワークとして源氏物語を音読→テープに録音
その音源を息子さんがデジタル化し、サイトに公開。

詳細は以下に


続きを読む

【bk1書評アーカイブ】コーヒーブレイクに見つけた48のシンプル成功哲学

こん○○は

夜勤明けでボーっとしておりますが
庶務雑務がたまりにたまっている為
それらの作業に忙殺されています。


このままだと、またしてもブログが長期停滞しそうなので
自分を律する意味でエントリーを作成しました。

コーヒーブレイクに見つけた48のシンプル成功哲学 (D’s caf〓 books)コーヒーブレイクに見つけた48のシンプル成功哲学 (D’s caf〓 books)
(2005/06/17)
テレサ・チャン

商品詳細を見る


本書は珈琲+成功哲学という感じです。
有名な成功哲学などの本に書いてある概念を
珈琲にまつわるアレコレに結び付けて解説して
くれています。

まぁ、中には「????」となる強引なこじつけも
ないわけではないのですが、読み物(企画物?)として
目を通す分には楽しめる一冊です。

なお、この一冊に
ガチガチの成功哲学を求めたり珈琲の専門書的な知見を
求めるとがっかりします。
まぁ、出版社と装丁を見てそのような誤解をする人はいないと
思いますが念のためw

本書は個人的には好きな部類に入ります。
私は本書をお気に入りの喫茶店に持っていき
おいしい珈琲をいただきながら読みました。

珈琲を飲みながら本書を読んで、珈琲に関する
ちょっとした豆知識を仕入れつつ、成功哲学にも
触れることが出来る。

本書の内容を考慮するなら、珈琲や成功哲学(ビジネス書)が
好きな人はハズレないと思います。

カフェや喫茶店でのまったりした時間のお供にどうぞ。


なお、本書の書評はbk1書評ポータルにも
投稿しています。


あわせてお読みいただければ幸いです。


NO.214
twitter つぶやき
inbook 本棚
カーソルでなでてみて♪
yonda4
bk1
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。